HOME > 数塾ブログ

数塾ブログ

算数検定・数学検定の受講生募集

第306回 算数検定・数学検定のご案内

数塾では、半年に一度(3月・8月)に算数検定・数学検定を実施しております。
各学年の総復習や先取り、算数・数学への関心・モチベーションUPにもつながりますので、
この機会に是非、受験をしてみませんか?

数塾での受験をご希望される方は、7月10日(月)までにご連絡下さい。

第306回 算数検定・数学検定
準1級~11級
日時 8月26日(土)13:00~
場所
数塾 松任校(白山市茶屋1-55)
または
数塾 金沢・野々市校(金沢市額新保1-433)

数塾生の方はもちろん、それ以外の一般の方も受験して頂くことができますので、お気軽にお問い合わせください。
また、算数検定・数学検定に関する資料等もお配り致しております。

詳しくは
算数検定・数学検定のHPをご覧ください。
https://www.su-gaku.net/suken/


 

学習塾の夏期講習【石川県金沢市・野々市市・白山市】

ただ今数塾では、2017年度の学習塾の夏期講習の受付を行っております。

【松任校】では中学生のみ
【金沢校】では小学生・中学生・高校生
の夏期講習となります。

夏期講習中は自習室(10:00~22:00)もご自由にお使いいただけますので、

講習内容はもちろん、学校の宿題等、自学や分からないところなどご自由に質問していただけます。

授業は小人数制で行うため、どちらも人数に限りがございます(各コース4名まで)。

お早めにお申し込みください。



夏休みはこれまでの復習のチャンス!

基礎の定着を図るとともに、理解を深め、応用・発展問題に数多くチャレンジしよう!

また受験生にとっては”勝負の夏”

夏休みの過ごし方が勝負のカギ!

本気の夏にしよう!


詳しい内容はこちら

家庭教師の夏期講習【石川県全域:金沢市・野々市市・白山市など】

ただ今数塾では、2017年度の家庭教師の夏期講習の受付を行っております。

数塾の家庭教師は「学習塾の講師による家庭教師」になります。

普段は学習塾で授業をしている先生がご自宅に伺い、授業をさせていただきます。

そのため、先生の人数には限りがございますので、お早めにお問い合わせください。

家庭教師の派遣地域:石川県全域:金沢市・野々市市・白山市・能美市・小松市・津幡町・内灘町・かほく市・羽咋市など

夏期講習中は学習塾の自習室(10:00~22:00)もご自由にお使いいただけますので、

家庭教師から出された宿題はもちろん、学校の宿題等、自学や分からないところなどご自由に質問していただけます。

詳しくは公式HPをご覧ください。

「家庭教師 数塾」公式HP


春の家庭教師キャンペーン

家庭教師 数塾
春のキャンペーン
1か月の授業料が無料!

石川県内(金沢市・野々市市)の小学生・中学生・高校生の1か月の料金が無料のキャンペーンを行っております。

また、通常21,600円の入会金も無料!

算数・数学・英語・理科を得意科目に!

この機会に是非、「家庭教師 数塾」をお試しください。

※3か月以上継続される方限定
※2017年3月末までにお申込みされた方が対象です。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。


家庭教師について、詳しくはこちら

春期講習受付中!

ただ今数塾では、2017年度の学習塾の春期講習の受付を行っております。

小人数制(1~4名)での授業で行います。

松任校は定員まで残りわずか、金沢・野々市校はまだ余裕があります。

人数に限りがございますので、お問い合わせください。

詳しい内容はこちら



高校3年生対象!物理の夏期講習

物理の夏期講習

高校3年生を対象に、物理の夏期講習を以下の日程で行います。
内容は
①いろいろな運動
②熱と気体
③音と光
④電場と磁場(一部)
を行う予定です。
5日間でセンター試験8割を超えることを目標に取り組みます。
宿題での演習量も含めハードな日程となりますが、5日間で物理の基本をマスターすることが狙いです。
空席が1名分となっておりますので、先着1名様に限らせて頂いております。

日程:8月1日(月)~5日(日)の5日間
時間:14:00~18:00(4時間)
場所:石川県金沢市額新保1-433(数塾 金沢・野々市校)
持ち物:筆記用具

料金:30,000円(税込み、テキスト代等込み)

先着1名様限定ですので、お早めにお問い合わせください。
また、ご不明な点等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

大学受験が大きく左右される夏休み!
高校3年生の夏休みは人生で最も勉強する期間にしなければなりません。
1週間物理漬けで、夏休み中に物理を完璧にしよう!
お申込みお待ちしております。

お問い合わせ先
数塾(金沢・野々市校)
担当:竹村 洋
TEL:076-216-8557
MAIL:info@suzyuku.com

中学3年生は石川県総合模試を受験しよう!

「石川県総合模試」をご存じでしょうか?
石川県最大の模試で、受験生の2人に1人が受験している模試になります。
受験者数がとても多いので、国公立高校や私立高校の志望校判定も大変参考になります。
第1回~第7回の全7回ありますので、連続して受験することにより、成績の推移が分かり、受験校を決める際の参考になるのはもちろん、弱点教科・分野の発見、やる気やモチベーションUPにもつながります。

模試の出題難易度は実際の公立入試に近く、受験生の多くはとても難しく感じるでしょう。
実際、石川県公立入試や私立入試は中学校の定期テストほど甘くありません。
石川県総合模試を受けて、その難しさにショックを受ける生徒もいます。
ほとんどの受験生は学校の定期テストの成績より下がってしまいます。
中には5教科で100点近く下がってしまう受験生もいます。
しかし、これが現実であり、実際の入試のレベルを知る良い機会になります。

平成28年度の第1回石川県総合模試は7月10日(日)にあります。
申し込み締め切りは7月5日(火)です。
石川県総合模試の詳細はこちら(公式HP)

早めに入試問題の難しさや現在の自分の状況を知ることで、今後の学習を考える良いキッカケになるはずです。
中学3年生にとっての夏休みはとても重要です。
この夏をどのように過ごすかが、受験を大きく左右します。
その前に、現状を知る良い機会なので、是非石川県総合模試を受けてみてはいかがでしょうか。
数塾の中学3年生の多くが受験しています。

数塾では夏期講習のお申込みを受付中です!
少人数制(1~4名)での夏期講習で、徹底した受験指導を行います。
基礎固めから入試レベルの応用問題まで、志望校・現在の状況に合わせた指導で、この夏を乗り切ろう!
自習室も毎日10:00~22:00で使用可能です。
自習室で先生に積極的に質問して、苦手分野を克服しよう!

夏期講習の詳細はこちら

数学者タレスの逸話

  • 数学者タレス
タレスという人物をご存じでしょうか。
タレスは物事を論理的に説明する「証明」の先駆者であり、中学生で習う、「タレスの定理(直径の円周角は90°)」や「三角形の内角の和は180°」、「二等辺三角形の底角は等しい」、「対頂角は等しい」、「三角形の合同条件」などは、数学者であり商人でもあるギリシャのタレス(紀元前624~546年頃)が証明したものです。
 
  • タレスの逸話
タレスは次のような逸話を残しています。
 
ロバの背中に当時貴重だった塩を積んで川を渡っているとき、ロバが足を滑らせ転んでしまい、積荷の塩が溶けて川に流れてしまい大損しました。
しかし、川で転ぶと積荷が軽くなるということを学習したロバは、その川を渡るたびにわざと転ぶようになってしまいました。
困ったタレスは、ある日積荷に綿を入れておきました。
ロバがいつものように川で転ぶと、その綿が水を吸って逆に重くなり、ロバの悪い癖が直ったといいます。
 
  • タレスの教訓を教育へ
子どもたちは、宿題などで答えを写して終わらせるといった、楽な方法を一度経験してしまうと、次からすぐに答えを写すようになってしまいます。
楽をすることは決して悪いことではありません。
楽をするために、頭を使って考え、工夫することは素晴らしいことだと思います。
しかし同時に、楽をした「代償」を考えなければなりません。
「若い時の苦労は買ってでもせよ」
若い時にする苦労は貴重な経験となって将来に役立つので、買ってでもする価値があるということわざです。
頑張ったことは必ず自分に返ってきます。
逆に、楽をすればその「代償」も必ず返ってきます。
そのことに気付いたときには取返しがつかないことにも。
そうならないためにも、子どもに悪い癖がある場合は『理由』をしっかり説明し、子どもが『納得』して直していけるようにしましょう。

数学における"0"の重要性

次のような計算をしてみました。
 
a = b
↓(両辺からbを引く)
a-b = 0
↓(両辺をa-bで割る)
1 = 0
 
おかしな答えになっています。
何が間違っているかわかりますか?
 
 
 
 
これは数学では「0で割ることはできない」ということを無視しているために、このような結果になっています。(a-bは0なので、a-bで割ることができない)
 
0÷1=0
ですが
1÷0=?
と言ったように、0で割る計算はできません。
 
特に高校数学では「0で割ることはできない」ということを意識して、場合分けをしっかりしましょう。

平成28年度石川県公立高校入試結果

123

アーカイブ

このページのトップへ