HOME > 数塾ブログ > 松任校 高校生館 > 学校問題集の使い方(松任校 高校生館)

数塾ブログ

< 数学ができるようになる極意⑥(松任校 高校生館)  |  一覧へ戻る  |  学習の進め方(松任校 高校生館) >

学校問題集の使い方(松任校 高校生館)

こんにちは。松任校高校生館の橋場です。
そろそろ学校からの課題も予習ベースのものになってきていると思います。
そこで今日は!
「学校問題集の使い方」についてです!
 
学校の問題集には別冊の模範解答が存在します(星稜で使っているスタンダードは除く)。
他の県では、別冊解答を配らない学校もあるようですが、石川県ではすべての学校で配られているようです。
しかしながら、学校問題集は本来は授業と並行して取り組むべきであり、 「授業で習ったその日のうちに問題を解いて、分からなければ先生に質問をする」 という習慣が身についていれば、模範解答は不要なはずです。
高校生館でも、今先行して学校の問題集を解かせていて、毎日出来具合も確認しています。
確かに模範解答があったほうが効率よく学習を進めることもできるかもしれませんが、 似ている問題を教科書や参考書で探して真似るという方法がメンドウだけど、 力がつく勉強方法だと思います。
 
模範解答で注意したいことがもうひとつあります。
 
それは、模範解答を見ると、解けたつもりになってしまうということです。
ちょっと考えて、分からないから模範解答を見る。
解答を読んでフムフムと納得してしまう。
それで分かったつもりになって終わり、というのが一番いけない。
「模範解答を勉強する」という姿勢では絶対にチカラはつきません(模範解答が 一番良い解法とは限らない、という理由もあります)。
数学を理解出来るようになるには時間がかかるものです。
分からないからといって、すぐに解答を見て、 「自力で考えて、悩む」時間を惜しんでいては、絶対に数学は出来るようにはなりません。
数学は「考えてナンボ」の学問です。
解答を見ながら10問やるより、じっくり自分で考えて5問 やるほうが絶対にチカラがつきます。
確かに、本格的な入試問題レベルになれば、模範解答なしでは全く手が出ない(模範解答を 理解するのですら困難である)問題もあります。
しかし、学校問題集は違います。
 
最初に述べたように、学校問題集は入試問題を解くための基本技術が詰まっているんです。
この根幹部分を、しっかり自分の頭で考えて解かずして、この先やっていけるわけがありません。

 
松任校 高校生館 教室長

カテゴリ:

< 数学ができるようになる極意⑥(松任校 高校生館)  |  一覧へ戻る  |  学習の進め方(松任校 高校生館) >

同じカテゴリの記事

学習の進め方(松任校 高校生館)

こんにちは!数塾の橋場です。
さらに1か月休校期間が伸びましたが、今できることをコツコツやっていくしか、できることがありません。
共に頑張っていきましょう!
 
高校生館では、前にもお話しした通り、毎日課題を出し、チェックをするという取り組みをすでに1か月以上続けています。
プリント、学校問題集などを有機的に使うことで、既に入試問題レベルの問題がらくらく解ける生徒もいます。高3も既に数Ⅲが終わり、受験演習を始めている生徒もいます。
 
「自分で学習ができない」「何をしていいか分からない」という皆様、是非お問い合わせください!
 
ご相談だけでも承ります!
 
今日は、チャート、フォーカスゴールド、レジェンドなどの厚い参考書の使い方について、少しお話しします。
 
参考書は持っているが利用してない、使い方が分からない、という声を聞きます。 参考書をどのように利用するのかというと、それは辞書代わりに使うということです。
英語で分からない単語があれば辞書を引くように、数学でも分からない問題があるときは、参考書から 似たような問題を探して解法を真似るのです。
分厚い参考書を1ページ目から順番に解くのではありません。
 
学校問題集の使い方の章でも述べましたが、問題を解くときには 別冊の模範解答を絶対に見てはいけません。
模範解答を見るくらいなら、参考書の中から類題を探して、真似して、自分で答案を作ってください。
この、「似ている問題を探す」「真似る」という作業も数学のチカラをアップするために必要なことだと 思います。これだけでも勉強になります。
 
松任校 高校生館 教室長

数学ができるようになる極意⑥(松任校 高校生館)

今までの極意を元に勉強したとします。
しかしながら、人間の記憶力には限界があります。
いつでも知識を引き出せるように徹底的な復習を意識しましょう。
 
復習スパンの例としては、習得初日の夜→次の日→また次の日→3日後→7日後→そのまた7日後→10日後→…と最低でも7回は復習を重ねましょう。
 
そのくらい、人間の脳は忘れやすくできているのです。
学力が高い生徒は、この忘れるタイミングを無意識のうちに分かっていて、自分がいつ復習しなければいけないのかを肌で分かっていると言われています。
(もちろん一度やったら完璧に覚えてしまう人もごく少数いますが。)
 
テストの時などに、課題を慌ててやる人が多くいますが、それは「学習」ではなくて、自分が今その時点で分かっているかわかっていないかを分別する「作業」にすぎません。
これでは、ただただ「やっている」というパフォーマンスをしているにすぎず、成績が上がるとは思えません。
 
受験生はこの復習を疎かにしがちなので、常にタイマーで解答するまでに掛かった時間を計測して日付と共に記録するなど、復習のマンネリ化が怒らないように工夫をしましょう。
松任校 高校生館 教室長

数学ができるようになる極意⑤(松任校 高校生館)

こんにちは!数塾の橋場です!
さて、学校課題で予習が課せられている学校が多いですよね。
そこで、今日はこんな極意を!
極意⑤:「最初からすべてを理解しようと思わないこと。」
 
教科書やチャートなどの参考書を見ながら学習すると、読んでいても分からないことってたくさんありますよね。
特に応用系の問題やそもそもの仕組みなどを説明している部分なんてなおさらです。
「なぜこうなるんだろう?」という問いは科学系を勉強する上では非常に重要です!
でも、時間は無限にあるわけではないので、「わかるまで先に進まない」というのも考えものです。
曖昧なままだがとりあえず諦めて先にすすむ必要もあります。
やっていくうちに、後から分かってくることもあるからです。
いきなり全部を理解しようと思わないことです。
理解すべきことと後回しにするもの、その割り切りが大切です。
 
高校生館の休業中の課題でも、あえて予習部分を課している生徒も多いです。
ですが、数塾特製!オリジナルプリントを使いながらやると、あら不思議!なぜかどんどん解けてしまうんですよね。
その秘密は次回に。
松任校 高校生館 教室長

数学ができるようになる極意④(松任校 高校生館)

「わかったつもり」が最も危険
自分をごまかしてはいけない

言い回しがすごく上手な先生の授業や名物予備校講師の映像授業など、視覚や聴覚に訴える授業を聞くと、 なんとなく「わかったつもり」になってしまいます。
でも、本当にわかっていますか?
実際に自分で手を動かし、頭で考えて問題が解けるようになっていますか?
その授業を受けている時なら解けるかもしれません。
しかし、翌日やってみて解けるか確認してますか?
数学ができるようになるには素直な心が必要です。
また、人間の脳みそはそんなに賢くありません。
基本的に「忘れるようにできている」のです。
忘れるのが当たり前なんです。
ですから、「覚えている・解ける」ことの確認がどうしても必要なんです。
エエカッコする必要はないのです。
だまされてはいけません。
松任校 高校生館 教室長

数学ができるようになる極意③(松任校 高校生館)

さん、こんにちは。数塾の橋場です。
さて、今日も「数学ができるようになる極意」です。
早速いってみましょう!

極意③:「間違いから目を背けてはいけない」
 
自分の間違いを恥ずかしがったり、隠そうとする人がいます。
それでは人間は成長しません。
誰しも間違いや失敗はあります。
絶対に全てにおいて間違わない人なんていません。
だって、学校の先生だって計算ミス、しますよね?
しかし、間違いをそのままにせず、 なぜ間違ったのか、何が違ったのかをしっかり考え、次につなげればよいのです。
 
普段の学習でも、間違った解答は消しゴムで消さずにノートに残しておくことです。
あとで見直したときに「ああ、こういう間違いをしてたんだ」という記念になります。
ノートをケチらず、どんどん失敗をしてほしいです。
私自身、高校時代に数学の先生から「問題を解くときに消しゴムを使うな」と言われました。
だったら、シャーペンで書く必要ないじゃん、と思い、それ以来今日まで、 数学の問題を解くときは全てペン書きです。

だから、解いて答え合わせをするときに、解答を赤ペンで書くなんてもっての外!
解答を読み、何を間違えていたのかを見つけ、もう一度自分自身の力で解いてこそ、自分の血となり肉となるのです。

特に、新1年生には授業をするときにもこのことはうるさく言っています。
なにもかもが最初が肝心!ですよ。
松任校 高校生館 教室長


このページのトップへ