HOME > 数塾ブログ > アーカイブ > 野々市校

数塾ブログ 野々市校

高校の定期テスト 勝利の要諦(野々市校)

定期テストで点数をとるための行動はどんなものがあるか。
 
テスト範囲の勉強をする。
間違えた問題を直す。
普段より多めに勉強時間をとるなど、
いろいろあるだろう。

河本が考えることは2つだ。

1つめは、テスト範囲の問題をスラスラと解けるようにすることだ。
何だ、そんなことかと思うかもしれない。
1回直せば十分と思うかもしれない。
しかし、それでは不十分だ。
例年の傾向として、問題の分量が試験時間と見合ってないほど多いからだ。
問題を読んで瞬時に解く力が必要となってくる。

解き方のポイントを身に付け、熟練させていこう。
 
2つめは、1つめをしっかりとクリアして、その上で高みを目指したい人向けに話す。
テストでは1割ぐらい発展的な問題が出題されることがある。
これも準備しておくことだ。
その準備は河本に任せてほしい。
 
プラスアルファ、教科書に載っていないが、先生が授業で教えたことを出題することがまれにある。
ある高校に通う生徒から聞いた話だが、授業をまともに聞かず自習をしていると言う。
どんな先生からでも良さも悪さも学びとる。
その学びを糧にしていく柔軟で素直な思考を持つ人間が伸びていくのだ。
一言一句、聞き漏らさないとの決意をもって授業に臨もう。

野々市校 河本

子どもたちがやる気にならない理由⑥(野々市校)

先回りして世話を焼かれる
 
本来子供たちがやるべきことを親が代わりにやってしまうと、子どもは考えることをやめてしまいます。
例えば、分からないと悩んでいるところをすぐに教えるということを続けると、考える力が育たず読解や作文、応用問題が苦手になってしまうかもしれません。
子どもの考え方を否定し続けると、自分に自信が持てなくなり、本番での得点力が弱くなってしまうかもしれません。
間違いを強制しようとすると、テストの答案や間違いを隠すようになってしまうかもしれません。
悪い点数をとるたびに叱っていると、ストレスを溜め込んで突然爆発してしまうかもしれません。
学習内容や指導については我々プロにお任せいただき、ご家庭ではお子様の頑張りを見守り、できたところを認めて褒め、困っている様子があれば話を最後まで聞き、どうしても何か言いたくなったら、いくつか提案をして決定権を子どもに委ねるようにすると、きっとお子様のモチベーションにも変化が現れるはずです。

野々市校 教室長


1日5分の差をつけよう(野々市校)

野球界に名を残したイチロー選手を知ってますか?
 
イチロー選手の高校時代の興味深いエピソードがあります。
ある時、愛工大名電の合宿所に夜、幽霊が出るといううわさが広まったことがありました。
その正体は実はイチロー選手だったのです。
彼はよくみんなが寝静まった夜にこっそり素振りをしていました。
彼の栄光の影には耐えまない自分との戦いがあったのです。
 
受験も同じ。
受験は戦いです。
勝ちたいと思ったら、毎日少しずつでもいいから、皆が勉強していない時に自分は勉強している努力が必要になるのです。
同じ時間に皆と同じことをしていたのでは差をつけることはできません。

 
1日5分でいいのです。
まだできることはないか?
もう少しやってみるぞ!
と踏ん張ってみましょう。
その積み重ねをした人が最後は勝ちます。
自分を自分で誇れる毎日を送ろう!
野々市校 河本


子どもたちがやる気にならない理由⑤(野々市校)

心配される

「大丈夫?」
「あなたはこうしたほうがいい」
「あなたのためを思って言っているのよ」

子どもたちにこういう言葉かけは残念ながら効果がありません。
例えば仕事で
「この仕事あなたに任せて本当に大丈夫?」
「あなたはすぐに忘れるからこうやってやりなさい」
といちいち指図されたらどうでしょう?
自分のことを信じてくれていないと感じませんか?

勉強においても同じことが言えます。
どうせ信じてもらえていないならできなくてもいいやという気持ちになり、言われないとやらなくなったり「やっているフリ」をするようになってしまいます。
成長のスピードには個人差があります。
大切なのは「信じて」「待つ」ことです。

野々市校 教室長

子どもたちがやる気にならない理由④(野々市校)

「勉強しなさい」と言われる

人間は、強制されると反発してしまう生き物。
「勉強しなさい」という強制は子どのやる気を奪います。
高学歴の人ほど親から勉強しろと言われたことはほとんどないということも分かっています。
そして、いい大学に行けばいい人生を送れるというものでもありません。
お子様の自主性や希望を尊重しながらお子様の言葉ひとつひとつにしっかりと耳を傾けてあげましょう。
ここで大切なのは途中で間違っていると思っても口を挟まず最後までしっかり聞いてあげることです。
間違っているかどうかは子どもが自分で判断して決めることであり、それができれば自分の言ったことの責任も自分でとるようになります。
野々市校 教室長


子どもたちがやる気にならない理由③(野々市校)

頑張りを認めてもらえない
点数だけを見て叱られる
 
頑張ったつもりなのにテストの点数が悪いときはあります。
そんなときどんな声かけをされていますか?
 
例えば、食べたいものを我慢してウォーキングを続けているのに一向に痩せないとき、
「全然痩せないじゃないか。本当にダメだな」
と言われるのと
「でも肌ツヤは良くなってきたんじゃない?」
「君なら大丈夫だよ。きっと痩せるよ」
と言われるのでは全然違いますよね。
 
子どもたちも同じです。
できていなかったところよりできていたところを褒められれば、
「次こそは頑張ろうと」
やる気を燃やし始めます。
 
できるだけ
「あなたには能力があるのよ」
という伝え方を心がけてみましょう。

野々市校 教室長

子どもたちがやる気にならない理由②(野々市校)

勉強は面倒なものだと思っている

何に対しても「面倒くさい」と口にする子は、苦手意識からやりたくない心理が働いている可能性があります。
難しい問題はすぐに諦めたり後回しにしてしまう。
すぐに「疲れた」「無理」などネガティブな言葉を口にする。
これは勉強に対してやる意義を見出せないからかもしれません。

目標を掲げないで勉強することは、ゴールのないマラソンを走るようなものです。
そんな状態で「頑張れ」「走れ」と言われても走る気にはなりません。
まずは「どこの学校に入りたいか」「将来どんな職業に就きたいと考えているか」というような話を聞きながら「なぜ勉強をするのか」ということを一緒に考えてあげましょう。

野々市校 教室長


子どもたちがやる気にならない理由①(野々市校)

勉強のやり方が間違っている
 
今日の授業難しかったなぁ
→じゃあワークの問題でも解いておこう
→間違いだらけだ
→とりあえず答えだけ写しておこう
→あぁ勉強頑張った!

残念ながらこのような勉強は、ただの時間の浪費でしかありません。
知っていることを書いただけで理解できていないところは理解できていないままの状態です。
頭は使わない限りよくなることはできません。
このような勉強を続けている場合は
「どうして間違っていたのか」
「どこが分かっていないのか」
を炙り出し自分の頭で考えて正解に辿り着く努力を続けることが最優先課題です。
努力失くして成功なし。
いろいろな方法を試しながら自分に合った勉強のやり方を見つけていきましょう!

野々市校 教室長

GWを利用して正しい勉強のやり方をマスターしよう!(野々市校)

「何をやるか」よりもまずは「どうやるか」!
 
受験勉強を始める前にまず初めに勉強のやり方の見直しをおススメします。
以下に間違った勉強のやり方の例を挙げてみます。当てはまることはありませんか?
 
① ただ何となく目の前にあるものを解く。
→ その時に必要なものでなければあまり効率的とはいえません。
→ 脳のメカニズムに合わせた学習に切り替えましょう。

 
② 間違えた問題は答えを写して終わり。→答えを写すのは時間の無駄でしかありません。
→ どこで間違えていたのか、なぜ間違えていたのかを考え、解き方を理解してひとりでできるようになるまで根気よく反復を行いましょう。

③自学ノートは教科書やワークのまとめを写して終わり。
→ 綺麗にまとめられた満足感は得られるかもしれませんがこちらも時間の無駄です。
→ 授業終了後すぐに何も見ずに頭に残っていることを書いてみましょう。

④教えてもらった後に何もしていない。
→ 納得してできる気持ちになっただけかもしれません。
→ 解き方を他の誰かに教えてみましょう。インプット後のアウトプットはとても重要です。


GWを利用して正しい勉強のやり方をマスターし本格的に受験勉強を始めていきましょう!
 
野々市校 教室長
 

努力は人を裏切る?(野々市校)

努力は人を裏切りません。
但し「間違った」努力は人を裏切ることがあります。

例えば、ただひたすらに問題を解いて間違った問題は答えを写すという勉強を1日8時間続けたとしてもテストの点数は上がりません。
なぜなら、これは「間違った努力(勉強のやり方)」が「得意」になっているだけだからです。

正しい方法で効率よく学習を進めていけば結果に裏切られることはありません。
思うような結果が出ずに悩んでいるときは、これまでの学習方法を見直し、正しい方法で学習する習慣を身に付ける努力をしましょう。
野々市校 教室長


12

« 松任校 高校生館 | メインページ | アーカイブ | 金沢校 »

このページのトップへ