HOME > 数塾ブログ > アーカイブ > 学習方法

数塾ブログ 学習方法

忘れることは当たり前?

「エビングハウスの忘却曲線」をご存知でしょうか?
ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスが、
無意味な3つのアルファベット(suk,tad,ket,など)を、被験者にたくさん覚えさせたところ
以下のような結果になりました。
 
エビングハウスの忘却曲線
時間 忘れる割合
20分後 42%
1時間後 56%
1日後 74%
1週間後 77%
1か月後 79%

image.jpg
 
この結果から、記憶は短時間で多くのことを忘れてしまい、ある程度時間が経つと記憶には、さほど変化がないと考えられます。
このことから、「忘れることは当たり前」、「復習の必要性」、「復習のタイミング」など、さまざまなことが考察されています。
 
確かにこの結果だけを見ると、せっかく暗記しても短時間で多くのことを忘れてしまい、何度も復習をしなければならないように感じますが、この実験はあくまで意味のない文字をただ丸暗記しようとした場合であるということです。
 
意味を理解せずに、多くの時間をかけて、ただただ丸暗記しても時間の無駄であり、非常に非効率であるということです。
復習をすることは記憶を保持するためには必要ですが、まずは暗記を始める前に、それの意味を理解するということが重要だということです。
意味を理解することに多くの時間をかけ、さまざまことと関連付けながら暗記することは、手間はかかりますが、そのようにして覚えたことは、長期の記憶となり、結果、効率的な暗記となります。
 
急がば回れ
まずはじっくり時間をかけて、理解と関連付けに取り組みましょう。
 

暗記法(記憶のメカニズム)

有名な記憶のメカニズムとして、貯蔵庫モデル(ボックス・モデル)があります。
貯蔵庫モデルとは、まず感覚器官経て、短期貯蔵庫に入り、十分な反復(リハーサル)により、長期貯蔵庫に入るというものです。
 
短期貯蔵庫とは、「記憶が一時的に保管される場所であり、容量が小さい」という特徴があります。
長期貯蔵庫とは、「記憶が半永久的に保管される場所であり、容量が非常に大きい」という特徴があります。
 
短期貯蔵庫に保管される容量は、平均して7±2(5個~9個)の情報しか記憶できないと言われています。
これを認知心理学者のミラーは「マジカルナンバー7±2」と名づけています。
 
つまり、子どもでも大人でも7個程度のことしか一時的に記憶できず、しかもそれを反復練習しなければ、すぐに忘れてしまうのです。
しかし、これは1つのこと(情報)を7個しか覚えておけないのではなく、1つのかたまり(チャンク)としても7個覚えておけるということを意味します。
 
それをうまく利用しているものの1つが、語呂合わせです。
 
例えば、元素記号を覚えるとき、Hは水素、Heはヘリウム、Liはリチウム、…と覚えようとすると、7個程度の元素記号しか一時的には記憶できないことになってしまいます。ところが、「水平リーベ僕の船、…」というような語呂で覚えてみると、20個の元素記号が1つのまとまり(チャンク)となり、より多くの情報を頭に入れておくことができるようになります。
あとは、十分な反復(リハーサル)により、長期貯蔵庫に入れるだけです。
 
このことから、何かを覚えたい、暗記したいときは、有名な語呂合わせはもちろん、1つの情報をより多くの情報と結びつけていくことが、効率の良い学習方法だと言えます。
関係性の深いものは関連付け、1つの情報に様々な肉付け(意味づけ)をし、バラバラの情報としてではなく、1つのまとまりで覚えることが、上手な暗記方法です。
 
1つを1つのこととして覚えるのではなく、1つのまとまり(チャンク)として覚えれば、効率良く暗記できるだけでなく、関連付けによって1つ1つのことへの理解も深まり、応用力もつきます。
 
是非実践してみてください。

ノートはとるな!授業は聞くことに徹すべし!

授業を受ける上で最も重要なことは、話をよく聞き「その場で理解する」ことです。
決してノートをとることに一生懸命になってはいけません。
黒板に書いてあることの大半は教科書に載っていませんか?
それを書き写すことに時間の大半を費やし、勉強した気になることはとても効率が悪く危険です。
 
「鉄は熱いうちに打て」
「その場」で理解することがとても大切です。
授業の終わりなど、記憶が新しいうちに、「分からなかったこと」「理解できなかったこと」を質問しましょう。
1つの1つのことを後回しにせず、全て「その場」で完結しておきましょう。
ノートにはメモを取る程度にしておき、後で教科書を見ながら授業を思い出しながらノートにまとめて頭を整理させることで、理解がさらに深まり、記憶の定着にもなります。
あとでノートにまとめる時間が取れない人などは、授業中に教科書などにそのまま書き加えたりするのも良いでしょう。

1

« 合格実績 | メインページ | アーカイブ | 数学(算数) »

このページのトップへ